沼津市で交通事故の相談を行うには?専門の相談機関を紹介

交通事故に遭うと、即座に警察へ連絡するのは勿論、示談交渉や法的手続などの処理も行うことになります。しかし、「示談交渉の仕方がわからない」「不当な過失割合の修正で不利になった」などの悩みを抱えてしまう事も多く、このような問題は各地域の専門機関に相談しないと解決しません。本項では、運悪く交通事故に遭ってしまった際に、無料相談できる支援機関やサービスなどを紹介します

「西東京市で交通事故相談がしたい人必見!無料相談を利用するときの5つのポイントは?」

交通事故に遭った時はどうすればいい?

交通事故に遭ってしまった時、焦りや悩みで正確な判断が出来なくなってしまう人は少なくなりません。「交通事故に遭ったが、どうすれば良いかわからない」と困ってしまった場合は、まずは交通事故相談を受け付けている機関や事務所に相談して、その後の処理や手続きのアドバイスを受ける必要があります。

また、交通事故後の事後処理における法的トラブルも同様に相談した方が良く、特に示談交渉は被害者側でも不利になることもあり、不当な過失修正を行われてしまう可能性もゼロではありません。保険会社に頼り切りになっていると、その後の生活にも響く不利を被ってしまう恐れがあります。

「示談交渉が不利になりそうで困っている」「遺族・遺児への生活資金手当を受け取りたい」といった法律面・金銭面の問題については、専門の相談機関に相談して指導・助言を受けましょう。

沼津市で交通事故の無料相談を受け付けている機関・相談所

交通事故の問題・トラブルに関しては、まず無料相談を受け付けている専門機関に相談してみましょう。沼津市では「沼津市企画部市民相談センター(企画部地域自治課)」が交通事故相談に対応しており、問題解決に向けた指導・助言を行う専門職員を配置しています。

専門の相談所や弁護士、被害者の場合は支援を行っている医療・福祉機関の紹介も受けることができます。窓口相談の営業時間は月曜日~金曜日(祝日除く)・8時30分~17時15分までで、時間内の相談が難しい場合は電話やメールフォームでのお問い合わせも可能です。

その他、静岡県全域の交通事故を受け付けている県の機関として、静岡市駿河区にある「交通事故相談所」があるので、自治体の相談では不足だった場合、こちらの電話窓口も利用してみましょう。また、公益財団法人の交通事故相談センターや、交通事故相談を受け付けている弁護士事務所などでは、弁護士と法的・金銭的な専門相談を行うことができます。

その他、交通事故の被害を受けて医療支援が必要になった場合は、指定の医療機関で継続的なサポートを受けることも可能です。相談内容に合わせて、自治体の指導・紹介を参考にしながら専門機関に相談しましょう。

「静岡市で交通事故の無料相談ができるのはどこ?気軽に利用しやすい相談先のまとめ!」

沼津市で交通事故問題の相談ができる法人・事務所

事務所に相談する場合は、交通事故に強い専門企業を探しましょう。沼津市市場町の「平岩法律事務所」は、交通事故に関する無料相談を受け付けており、予約をすれば夜間でも対応してくれます。沼津市御幸町の「利他法律事務所」は交通事故相談を主力業務としており、示談交渉トラブルや交通事故被害者の支援制度を専門としています。

また、沼津市大手町の「アディーレ法律事務所・沼津支店」では、WEB予約をすれば何度でも無料相談が可能です。その他、東京都内の事務所でも、沼津市の電話相談に対応している企業もあります。該当する事務所には、保険問題や後遺障害の等級制度に強い「弁護士法人ステラ」は被害者の医療支援・補償制度に詳しい「弁護士法人天音総合法律事務所」があり、この2社は24時間・土日営業かつ無料相談も可能です。

沼津市で交通事故被害の支援相談ができる医療・福祉機関

交通事故の傷害で要介護状態になった、後遺症により継続的な治療が必要になったという場合は、交通事故対応が可能な医療・福祉機関に問い合わせましょう。沼津市共栄町にある「沼津整形外科医院」や「青木整形外科医院など」の外科医院では、事故被害によるむち打ち・骨折などの治療や、予約制のリハビリテーションまで幅広ク対応しています。

沼津市上香貫槇島町の「ふく整骨院」や、沼津市高沢町の「駿東整形外科医院」では自賠責保険診療に対応しており、交通事故の保険手続きに関する相談も受け付けています。その他、業務中・通勤中の交通事故であれば労災保険が適用でき、厚生労働省の「労災保険指定医療機関」で無償治療を受けることができます。

先に紹介した医療機関のほか、厚生労働省の検索サイトから他の指定機関を探すことが出来ます。自身の状態に適した医療機関がわからない場合は、相談センターや指定機関に問い合わせて確認しましょう。

交通事故当事者の家族・遺族である場合は?

交通事故を起こした加害者の家族、もしくは巻き込まれた被害者の遺族である場合は、まず沼津市の市民相談センターや静岡県の公的機関である交通事故相談所に相談しましょう。また、交通事故被害者の家族・遺族の場合は、静岡市葵区両替町の「静岡犯罪被害者支援センター」で今後の相談が可能です。

この支援センターは認定NPO法人であり、継続治療や精神ケアなどの医療相談から、金銭面など今後の生活に関する問題解決、カウンセリングや弁護士依頼のサポートなど幅広い支援活動を行っています。法的トラブルの問題であれば、交通事故相談センターや先に紹介した各法律事務所に相談することを推奨します。

また、介護支援や生活資金に関する悩み・問題は、厚生労働省の「労災保険相談ダイヤル」や、省の管轄である「NASVA(自動車事故対策機構)」のホットラインに電話相談してみることを推奨します。

「宮崎県で交通事故にあったら?おすすめの相談窓口」

交通事故被害者になった際の注意点

交通事故などの「第三者行為」が原因で被害者が要介護状態になった、または要介護度が重度化して(被害者が)介護保険給付を受けることになった場合、沼津市役所(介護保険課)に第三者の氏名や被害状況などを記載した「第三者行為の届出」を提出する必要があります。

ただし、既に医療保険で求償していた場合は、事前相談で書類提出を省略できる可能性があります。また、交通事故に遭った際は、加害者・被害者の何方であっても「交通事故証明書」の交付を受けましょう。この証明書は「自動車安全運転センター」が発行しており、実際に交通事故が起きたことを証明するための書類で、交通事故に関する様々な手続きで使用することになります。

ただし、警察への届出がなかった場合は交付を受けることが出来ないので、交通事故に遭ったら必ず届出をしましょう。

交通事故のトラブルは必ず専門機関に相談すること

交通事故の事後処理は非常に複雑で、加害者・被害者の双方が納得できる結果になることは難しいです。明らかに非がないのに不利に持ち込まれたり、逆に不当な損害賠償を請求されてしまう恐れもあります。どのような問題にせよ、解決できないまま放っておくのは危険です。

まずは身近な相談所に事情を話し、適切なアドバイスを貰うようにしましょう。